1. HOME
  2. コラム
  3. Googleアナリティクスとマーケテイングオートメーションの違いとは?

Googleアナリティクスとマーケテイングオートメーションの違いとは?

グーグルアナリティクス マーケティングオートメーション

皆さんは「マーケティングオートメーション」という言葉は聞いたことがあるでしょうか?

分析ツールということは何となく理解しているものの「マーケティングオートメーションとGoogleアナリティクスとはどのような違いがあるのか」という質問を受けることがあります。

そこで今回は、Googleアナリティクスとマーケティングオートメーションの違いについてお伝えします。

Googleアナリティクスとマーケティングオートメーションの違い

マーケティングオートメーションとGoogleアナリティクスは、どのように違うのでしょうか。

サイトの健康状態を測る『Googleアナリティクス』

サイトのアクセス解析ツールとして有名なGoogleアナリティクスは、サイト運営されている方はすでに導入されている方も多いと思います。

基本的には無料なのにも関わらず、非常に多くの機能があることからホームページやWebサイトを活用し、集客を行っていくうえでは欠かせないツールです。

Googleアナリティクスは、下記のような計測することができます。

  • サイトの訪問者はどれくらいか
  • 訪問者はどこから来たのか
  • 使われたデバイスはスマホかパソコンか
  • ユーザーの行動フロー
  • コンバージョン

ここでは説明できないほどの多機能がありますので、この記事では割愛させて頂きます。

サイトで計測したデータをチェックすれば、自社のサイトの健康状態(良い点や悪い点)が見えてきます。

例えば、

  • スマホから来ているユーザーが多いから、スマホで見やすいサイトを作ろう。
  • ホームページの滞在時間が短いから、コンテンツの質を高めよう。
  • 検索エンジン(organic)からの問い合わせ率が高いので SEOを強化しよう。

といった施策もGoogleアナリティクスのデータから考えることができるのです。

Googleアナリティクスは、サイトの健康状態をチェックし、その結果をもとにサイトを改善していくことを目的に使われると考えてよいでしょう。

お客様の状態を分析する『マーケティングオートメーション』

Googleアナリティクスがサイトの状態を解析するために使われるのに対して、マーケティングオートメーションはユーザーの心理状態や行動を分析するために使われます。

例えば、マーケティングオートメーションを導入すると下記のようなことができるようになります。
*一部のみご紹介します。

  • サイトにアクセスした見込み客の名前
  • そのお客様ごとにどのページをどれくらい見たのかを把握する
  • そのお客様がどの商品に興味を示す傾向が高いのか
  • 特定のページを見たお客様へ自動メールを配信できる
  • アクセスしたユーザーに合わせて最適なアクション(メールやDMの送信等)を実行する

マーケティングオートメーションを使うことで、どのユーザーが自社のサービスにどれくらい興味があるかを把握することができます。

Googleアナリティクスはサイトの全体の傾向を分析することはできますが、ユーザー一人ひとりの行動データ(履歴)までは把握することはできません。

マーケティングオートメーションを導入すれば、ユーザーの自社への興味度合いを把握できますので適切な営業を効率的に行うことができるようになります。

資料請求後からマーケティングオートメーションの活用し、来場率や受注率アップさせる

このように、Googleアナリティクスとマーケティングオートメーションには、

「Webサイトを軸にするのか」
「人を軸にするのか」

という点で根本的な違いがあります。

また、GoogleアナリティクスはWebサイトの分析については高い効果を期待できる一方で、ターゲットごとの行動を把握しホットな心理状態のタイミングでメールを送るような自動機能は備わっていないため、ツールの導入によって直接来場や受注につながるようなことはありません。

お客様がどのような情報を求めているかを知り「住宅を購入したい」という気持ちを高め、来場率や受注率を上げるためには、マーケティングオートメーションの導入が有効です。

マーケティングオートメーション『KASIKA』ができること

弊社が提供するKASIKA」は工務店やハウスメーカーに特化した、マーケティングオートメーションです。

KASIKAを導入することで、ホームページに訪れた個々のお客様の興味や行動が見えるようになったり、資料請求や問い合わせをしてくれたお客様に対して自動でコミュニケーションをとることができるようになります。
ここでは、KASIKAを導入することで得られるメリットをいくつかご紹介します。

『買いたい気持ち』を自動で盛り上げお客様と信頼関係をつくる

資料請求や問い合わせのあったお客様すべてが「今すぐマイホームが欲しい」と思っているわけではありません。そのため、お客様の状態に合わせて継続的にコミュニケーションをとることで「買いたい気持ち」を育てていくことが大切です。

KASIKA」を導入すれば、自動のメール送信機能で継続的に有益な情報を提供していくことができます。メール送信のスケジュール管理や送信の手間はKASIKAにまかせて、貴重な人材を有効に活用できるようになります。

見込み客の行動を自動で分析し来場率30%アップを実現

資料請求・問い合わせなどの反響があったお客様の活動はKASIKAが継続的に自動で分析し、見込み度の高いお客様を自動でランキング化します。

さらにお客様ごとにいつ、どんなメールを読んだ・クリックしたのか、ホームページ上のどんな情報に関心を持っているのか」が一目でわかるようになるため、お客様の「欲しい気持ち」が高まっているタイミングに営業担当者からぴったりのご提案・ご案内をすることで、来場率や成約率の向上につながります。

デザインや機能を変更してホームページからの反響率をアップ

KASIKAでは、ホームページ 上にある「お問い合わせボタン」や「資料請求」などの重要な情報をポップアップ機能で目立させるようなことも簡単にできます。

常に目につきやすいポップアップを活用するだけで、お客様の反応は劇的に改善し、いままで見逃していた潜在顧客の獲得も可能になります。

ポータルサイトに頼らず、自社のホームページからの問い合わせを増やすためにもKASIKAを活用しましょう。

マーケティングオートメーションで営業活動を加速化させよう

Webマーケティングを手助けするツールとであるGoogleアナリティクスとマーケティングオートメーションは似ていますが、機能や利用する目的は大きく異なります。

サイト全体の解析はGoogleアナリティクスに、ユーザーの分析や見込み客の育成はマーケティングオートメーションに、といった使い分けを行い、営業活動を加速化させましょう。

工務店・ハウスメーカーに特化!
モデルハウスへの来場率・反響率アップ
営業マーケティングツール KASIKA を使うと...
★ 来場前でも、顧客の「好み・購入意欲」がわかる ★
★ 購入意欲の高い顧客を「自動的に抽出」できる ★