自動で働くトップ営業マン!?自動返信サンキューメールの効果とは

 

ポータルサイトからが反響があった際に、顧客へ自動的にメールが送信される仕組みを自動返信メール(サンキューメール)と言います。

メルマガ登録や、資料請求申込に対して「ご登録(お申込み)ありがとうございました」と送られるものが代表的です。

単に感謝を伝えるだけでなく、マーケティング的な意義としては、そのメールを始点として顧客育成のフローに組み込んでくことができる点が重要です。

自動メール内のリンクから自社ホームページに遷移し、サイト内のポップアップから特定の行動を促したりするフローが典型的です。

自動返信メールがもたらす効果を理解し、上手に活用しましょう。

ポップアップに関しては『嫌われるどころか効果は抜群!ポップアップを正しく活用する5つのポイント』をお読みください。

自動返信メール、サンキューメールの効果

内容によって無限の可能性はありながら、主に次の4つ効果を期待することができます。

見込み顧客の取りこぼしを防ぐ

ポータルサイトからの一括資料請求、メルマガへの登録、商品やサービスの購入などを行ったすべての顧客に漏れなく自動返信されるため、見逃しやうっかりによる機会損失を防ぎます。

内容のあるコンテンツを顧客へ配信して好印象を与える

たとえ自動返信であっても、即時に反応があれば顧客にポジティブな印象を与えることができます。

昨今では自動返信は一般に広く普及しているため、逆に返信がないことは顧客に不安を感じさせることになってしまいます。

インターネット上で顧客と接点を持つうえでは必須の機能といえるでしょう。

また、自動返信メールから顧客にとって有益な情報を配信することで「この会社なんか違う」と思ってもらえる機会に繋げることができます。

その後のフローにつなげて成約率を高める

サンキューメールというからには、顧客の行動に対して感謝を伝える内容は盛り込まれていることが一般的です。

これに留まらず、その先のアクションにつなげることができる点が、このメールの大きな効果の一つです。

ECサイトAmazonでは、商品の購入後に感謝を伝えると同時に関連する商品をすすめるメールが送信されます。

このように、サンキューメールを始点として、顧客を教育して特定の行動を喚起することができます。

営業担当者の業務負担を軽減して効率を高める

自動返信メール機能を持つツールを用いない場合、企業のスタッフは顧客のアクションに対して一件一件、手作業で対応しなければなりません。

これでは抜け漏れが生じるだけでなく、スタッフに大きな業務負担がかかってしまいます。

自動返信メールは抜け漏れもなく負担もかからない、非常に優れた営業担当者のような役割を果たします。

自動返信メール、サンキューメールの内容

では、そんな優れた効果を持つ自動返信メールは、どのような内容で書けば最大限の成果をもたらしてくれるのでしょうか。

 

自動返信メールの内容については、『顧客の心をつかむ!成約につなげる自動返信サンキューメールのつくり方』に記載してあります。