電話がつながる!反響に優先順位をつけることで営業を効率化 │ ハウスドゥ!守山店様

インタビューさせて頂いた会社様

会社名:株式会社あきん堂(ハウスドゥ!守山店)
業種:不動産売買
主要エリア:滋賀県守山市

抱えていた課題

  1. お客様の電話がつながらないことが多かった。
  2. お客様の温度感が分からず、手探りのコミュニケーションになってしまっていた。
  3. 送ったメールへの反応が見えず、闇雲に追客していた。

株式会社あきん堂様は、ハウスドゥ!守山店として、「お客様が本当に必要とされている情報を、より迅速に・より豊富に・より的確にご提供できるよう全力を尽くす」という理念の下、『KASIKA』を使ってお客様との円滑なコミュニケーションを実現しています。

同社がどんな課題を抱えていて、なぜ『KASIKA』の導入に至ったのか。

『KASIKA』の導入によって、どんな成果を得ることができたのか。

こんなお話しを、店長の木村様にインタビューでお伺いしました。

―貴社の抱えていた営業課題を教えてください。

当社では主に電話やメールを使って営業活動を行っていたのですが、メールについてはそもそも読んでくれているのかどうか分からない、というのが最大の課題だと感じていました。

メールに対する反応が見えないので、当然その後に電話でアプローチをかけても、つながらないことが多かったんです。

「このお客様は見込みが高そうだ」とか「この方は○○に興味があるようだ」ということも分からずに営業するしかなかったので、闇雲で効率の悪い営業活動が続いていたことを改善したいと考えていました。

―『KASIKA』をどうやって知りましたか?

当社の代表が見つけてきたんです。

「ちょっと面白いシステムがあるよ」ということで社内に紹介されて、それで知りました。

―貴社ではどのように『KASIKA』を活用していますか?

『KASIKA』を使えば、顧客のインターネット上の行動や、その頻度・傾向などが画面上で可視化されます。

当社ではその情報を基に、お客様の興味の度合いが「熱い」順に振り分けを行って、お客様に合わせたメールを『KASIKA』からお送りしています。

そして、このメールに対して開封やリンクのクリックなどの反応を確認し、営業担当者から電話でアプローチをかけるという使い方をしています。

動きが活発なお客様に絞ってアプローチできるので、確実に電話がつながりやすくなり、効率を高められています。

―実際に『KASIKA』を使ってみた印象はいかがでしたか?

まさに「期待どおり」という印象です。

今まで見えなかったお客様の反応がしっかりと可視化されるようになりました。

アクティブなお客様が誰かというのも分かりますし、逆に反響から1年以上経つのに大きな動きのないお客様も視覚的に把握することができます。

お客様ごとの傾向を分析できるようになったのは、営業活動を効率化するうえで非常に意義があると思っています。

さらに『KASIKA』はお客様の傾向に合わせて自動的にメールを送信してくれる機能もありますので、そのメールに対して反応があったお客様を優先順位の上位に設定することができ、どんどん効率を高められる良いサイクルを構築できていると感じています。

―『KASIKA』を導入してどんな成果がありましたか?

これまでのように闇雲に追客をするということはなくなり、見込みの高いお客様に絞って効率的に営業できるようになりました。

とにかく、メールに対する反応を視覚的に確認できることが本当に大きいと思っています。

インターネットの普及のおかげで業界全体で反響は増えているのは良いことなのですが、一方で気軽に問い合わせや資料請求ができるようになったことで、見込みの低いお客様も同様に増えているのが現状なんです。

KASIKA』がなければ、見込みの低いお客様も高いお客様も区別なく闇雲にアプローチする以外になかったのですが、メールに対する反応が可視化されることでこの課題は解消できるようになりました。

物件資料や資金計画などをメールでお送りして、開封してくれたかどうかなどを確認することで「このお客様は本気で検討しているな」という判断がつきます。

そこで温度感を探ったりして、営業に活かしています。

―最後に、どんな不動産会社様に『KASIKA』をおすすめできますか?

とくに反響の多い企業様などでは、『KASIKA』の効果を実感しやすいと思います。

新築分譲マンションを扱うところや、地場の分譲会社さんなんかは使ったら非常に便利だと思いますね。

顧客リストは十分に獲得できているけど、効率的に対応ができていないと感じているなら、『KASIKA』によって営業効率を飛躍的に高められるんじゃないでしょうか。

『KASIKA』でできるようになったこと
  1. 顧客の行動にあわせてアプローチすることで、電話がつながりやすくなった。
  2. メールに対する顧客の反応を可視化して、営業に活かせるようになった。
  3. 見込みの高い顧客から優先順位をつけて営業できるようになった。