あの工務店はなぜ、来場率を22%もUPさせることができたのか。詳しくはこちら>>

【広告費ゼロ】オーガニック検索を増やして見込み顧客を効率的に獲得!

検索エンジンからウェブサイトへの流入経路は、大きく分けて2つあります。
リスティング広告などの「広告経由」と、「オーガニック検索」です。

 

上記キャプチャ赤枠内の「Organic Search」がオーガニック検索の数値

オーガニック検索とは:
広告表示を除いた「検索結果からのトラフィック(サイトへのアクセス)」
のこと。
「自然流入」や「自然検索」、「ナチュラル検索」とも呼ばれる。

リスティング広告などの広告経由とは違い、オーガニック検索はいくらクリックされても広告費が発生しません。
つまり、オーガニック検索数を増加させることができれば、広告に多大な費用を掛けることなくアクセスを獲得することができるのです。

Cocolive 手塚

この記事では、オーガニック検索の重要性と、それを伸ばすために取り組みやすい対策をご紹介します。

オーガニック検索の重要性

まずは、なぜオーガニック検索が重要なのか、その理由から探っていきましょう。

オーガニック検索でサイトへアクセスするユーザーは、ニーズが顕在化している見込み顧客であるといえます。
オーガニック検索=能動的に検索しているということなので、自身がどんな情報を得たいかを理解し、積極的に動いている状態だからです。

point
見込み顧客とは、分かりやすく言うなら「商品・サービスを購入してくれる可能性のある顧客」のこと。
購入や契約などの成約に繋がる確度が高い顧客なので、優先して獲得すべき層です。

オーガニック検索からの流入の増加は、そのまま見込み顧客の増加につながります。

これこそが「オーガニック検索に注力すべき理由」です。

オーガニック検索からの流入を増やすためには

オーガニック検索からの流入を増やすには、SEOにきちんと対応していく必要があります。
この段落では、中でもより取り組みやすく、重要となる対策をご紹介します。

対策すべきキーワードをしっかりと把握する

オーガニック検索の増加を目指す上でまず重要なのは、対策すべきキーワードの把握です。

キーワードの選定基準としては、

  • 自社に関連しているキーワードであること
  • 成約しやすいキーワードであること

が重要です。この2点を意識して対策しましょう。

Cocolive 手塚

ここが誤っていたり漏れたりしてしまうと、見込み顧客の流入に繋がりづらくなってしまいます。

hタグにキーワードを入れる

次に、選定したキーワードをサイト内に入れ込み、キーワードと関連性の高いサイトであることをアピールする必要があります。
特に重要なキーワードについては、主要テキスト部分である「hタグ」に必ず入れるようにしましょう。

point
hタグとは見出しタグであるhタグの1つで、「大見出しタグ」とも言われるSEO対策で最も重要なタグです。
hタグには特に重要なキーワードを入れて、そのWEBコンテンツ本文の内容に合った見出しを、簡潔にわかりやすく入れるようにしましょう。

内部・外部リンク設計を行う

内部リンクと外部リンクのきちんとした設計を行うことも、オーガニック検索数の増加に有効です。

サイト内のページを巡回できる「内部リンク」を整理すると、検索エンジンからの評価を高め、検索順位向上に繋げることができます。

他サイトに自社サイトへのリンクを設置してもらう「外部リンク」が増加すれば、関連する他サイトからの見込み顧客のアクセスを増やしてくれる上、検索エンジンからの評価も高まります。

それぞれの詳細については「賢い内部リンク設計が SEOに効く!今すぐ実践したいそのやり方とは」、「鉄板SEO!検索順位を確実に上げる方法とは」の各記事をご覧ください。

賢い内部リンク設計がSEOに効く!今すぐ実践したいそのやり方とは 鉄板SEO!検索順位を確実に上げる方法とは

有益なコンテンツを作成する

キーワードやリンク設計のみでなく、サイト内に有益なコンテンツを作ることがオーガニック検索(SEO)での流入増加の絶対条件です。

技術的な取り組みも必要ですが、何よりもユーザーに「見たい」と思ってもらえることが重要です。
ユーザーにとって有益なコンテンツ(良いサイトと評価されるコンテンツ)とは何かをしっかり定義して、その定義を満たすようなコンテンツを作成するようにしましょう。

まとめ

サイトを運営する企業にとって、オーガニック検索の増加を図ることは極めて重要です。

Cocolive 手塚

まずは上述したポイントを確実に押さえ、サイト作成やサイト改善に役立てていきましょう