1. HOME
  2. コラム
  3. 記事コンテンツの作り方次第で大きく成果が変わる!コンテンツマーケティングの基本

記事コンテンツの作り方次第で大きく成果が変わる!コンテンツマーケティングの基本

記事コンテンツ 作り方

様々な手法のあるコンテンツマーケティングにおいて、現在では「コンテンツ記事」の作成が主流といえるでしょう。コンテンツ記事の制作と提供に取り組まれている会社も昨今増えてきていますが、記事の作り方には気を付けるべきポイントがあります。

本記事では、それらのポイントを整理し、「響くコンテンツ」の作り方をご紹介していきます。

読み手に響かないコンテンツ記事を書いてしまっている例

コンテンツマーケティングにおいて重要なことは、「価値のあるコンテンツを提供していくこと」です。しかし作り方によっては、受け取る側にとって価値がないものが出来上がってしまうケースも少なくありません。よくある失敗例を通して注意点を整理していきましょう。

自分よがりな記事になっている

伝えたいことが多いため、ついつい「伝えたい情報」ばかりをコンテンツに盛り込んでしまうケースがよく見られます。これでは、ユーザーの目線で価値あるコンテンツを作ることができません。

例えば、イベントやモデルハウスへの来場を強く伝えようとしてしまい、売り込み色が強いものになってしまう場合などが挙げられます。これだとせっかくのコンテンツも広告と何ら変わらないものとなってしまいます。

専門用語が多用されている

次の注意点は、業界用語・専門用語の使用についてです。

知っている側からすると当たり前に感じてしまう業界用語・専門用語ですが、受け取るお客様にとっては普段触れない難解なものととらえられます。これらを多用してしまっては、お客様の理解は得られず、しっかりと内容を伝えることができません。お客様の目線に立って、「悩みを解消してあげられるコンテンツ」を目指し、意味が伝わる表現で作るようにしましょう。

誰を対象にして書いているかがわからない

価値あるコンテンツの内容は、当たり前すぎる情報ばかりではいけません。どういったターゲットに届けたいコンテンツなのかを明確にしておきましょう。ターゲットを具体的にしておくことで、お客様にとって得るものが多いコンテンツ作りがしやすくなるでしょう。対象を定めず万人受けするコンテンツとしてしまうと、どこにでもあるような漠然とした情報となり、価値の少ない記事コンテンツとなってしまうので気を付けましょう。

響くコンテンツのさらに詳しく知りたい方は「お客様に響く記事の書き方|コンテンツマーケティングの鉄則!」をお読みください。

記事作成の基本は「誰に・何を伝えて・どうなって欲しいのか」しっかりと考えること

よくある失敗例から注意点をご説明しましたが、それを踏まえて記事作成の基本ポイントを整理していきましょう。常に下記4点を意識することが重要です。

ターゲットを作る

失敗例でも説明しましたが、誰に届けたいのかターゲットを明確にしておきましょう。ターゲットを具体的にしていかないと、伝える範囲が広くなりすぎてしまい、内容の薄い記事になりやすくなります。

ターゲットは何を知りたいかを徹底的に考える

ターゲットを定めたら、そのターゲットがどういった情報を求めているかを細かく考えるようにしましょう。これこそが、コンテンツ作成に於いて重要な「お客様の目線に立つ」ということです。ターゲットとなるお客様が、どのような悩みや疑問を持ち、その解決のためにどのような情報を求めているかなどを具体的にイメージしていくと良いでしょう。

どのような構成で伝えるのが一番理解してもらえるか考える

伝えるべき内容が決まったら、その内容をどういった構成で伝えていくかを整理することも重要です。伝えたい・伝えるべき内容も、理解を得られないと意味がありません。最終的に届けたいコンテンツ内容を理解してもらう上で、先に説明しておくべき情報は無いか、など、理解しやすい順序や構成を考えて行く必要があります。

どのような表現で伝えるべきか考える

最後に表現方法です。

同じ内容を伝える場合でも、表現が変われば受け取り方が変わります。先述した専門用語の多用のように、意味は同じでも難しい言葉を使ってしまっては、十分な理解を得られません。使用する言葉などにも気を配り、また表現の統一感も意識することで、全体通して違和感のないコンテンツを作ることもポイントです。

コンテンツマーケティングの全体的な知識は「コンテンツマーケティング一覧」よりお探しください。

まとめ

記事を作る経験がある方はそう多くはないと思います。最初はなかなか苦戦してしまうかもしれませんが、受け取る側の立場に立ってじっくり考えることで、価値のある・良いコンテンツとはどういったものかが見えてくるかと思います。ポイントをおさえて喜んでもらえるコンテンツ作りを目指していきましょう。

不動産業界に特化!
KASIKAで来場率・反響率アップ
営業マーケティングツール KASIKA を使うと...
★ 来場前でも、顧客の「好み・購入意欲」がわかる ★
★ 購入意欲の高い顧客を「自動的に抽出」できる ★