1. HOME
  2. コラム
  3. メルマガ作成で重要なのは、お客様のことを具体的に想像すること

メルマガ作成で重要なのは、お客様のことを具体的に想像すること

メルマガ 作り方

メルマガを配信したいと思っても「何を書けば?どう書けば?」と、最初のステップで悩み立ち止まってしまうことがあるかと思います。

ここでは、工務店の皆さまがメルマガを配信する際に最初に考えておきたい、「書き方の基本」である4つのステップをご紹介します。

メルマガの書き方の基本

ステップ1.メルマガを配信する理由を明確にする

  • 物件を紹介したい
  • こだわりの家づくりを知ってほしい
  • モデルハウスに来場してほしい
  • サイトを訪れてほしい

など、各社様々な理由があるかと思います。メルマガの目的をはっきりさせると、掲載内容、掲載順などが固まってくるので、まず最初に考えたい項目です。

ステップ2. どんなお客様にメルマガを書くのかを意識する

お客様はどのような世代、家族構成が多いでしょうか?

得意としている住宅によって、若い世代のご家族、3世代の大家族など、ターゲットとなるお客様のタイプも異なると思います。タイプによって親しみやすい文面、効果的なデザイン、刺さるコンテンツなどは変わってきますから、どんなメルマガを書くべきか、方向性が絞られてきます。この機会に、自社のお客様の傾向を意識してみてください。

ステップ3.そのお客様はどんな情報を求めているか

様々なタイプのお客様がいらっしゃいますが、「家を建てたい」という目的は皆さま同じです。ご自身でいろいろと調べていく中で、多くの疑問や不安を抱えています。自社のメルマガで、その疑問などを少しでも解消できる「お役立ち情報」を提供することができれば、お客様に身近に感じてもらえるきっかけになるかもしれません。メルマガならではの「直近の情報提供」も、喜ばれる内容です。展示会やイベント、キャンペーンなど、旬の情報も併せてお届けしましょう。

ステップ4.そのお客様の心に響く表現を追求する

メルマガの内容を、お客様に「自分事だ」と思っていただくには、内容はできる限り具体的であるべきえです。多くのケースが当てはまるような曖昧な表現よりも、ピンポイントで自分の悩みを表している表現の方がお客様の行動を促すきっかけになります。100人に漠然とした情報を届けるのではなく、1人に行動してもらえることを目指して、特定のお客様に向けた表現をしてみてはいかがでしょうか?

例えば、

BAD GOOD
狭い土地を有効活用する方法 20坪の土地を有効活用する方法
ローンについて 年収350万円、頭金0円でローンを組む方法

上記のように具体的なシチュエーションを想起させるタイトルや件名にしたほうが、より身近な物事と感じられると思いませんか。

これが「続きを読みたい」、「もっと知りたい」という欲求に直接つながり、開封やリンクのクリックといったような具体的な行動に結びつきます。

弊社で作成しているメルマガの例

cocolive株式会社メルマガ制作では、始めに各工務店様から「一番訴求したい内容」や「結果としてお客様にとってほしい行動」などをヒアリングした後、公式サイトを隅々までチェックした上で、一社一社のイメージに合わせたオリジナルのメルマガを作成します。

1. キャッチコピーの制作も可能です。
2. 御社用のセールスレターをご用意します。
3. わかりやすいボタンを用意しお客様の行動を促進します。
4. 御社の特長なども分かりやすく紹介します。
5. 御社内のブログやコラムを掲載しサイトに誘導します。

弊社のメルマガは、ご依頼いただいた皆様と、読者となるお客様に寄り添う気持ちで制作しています。
お気軽にお問い合わせください>>>

最後に

お読みいただき、お客様に何を伝えようか次々に考えが浮かんできているのではないでしょうか?

メルマガは1通で終わらせず、程よいボリューム、間隔で配信を続けることが、成功のポイントです。お客様目線の情報発信で、是非貴社のファンを増やしてください。

最後に質問です。

  • どんなメルマガなら、開封して読んでいますか?
  • どんな内容なら、メルマガ中のリンクをクリックしたくなりますか?
  • どんなメルマガは、読まずに削除していますか?

自分に置き換えて考えてみてください。普段ご自身が受信しているメルマガに対して、無意識に行っている行動を振り返ると、お客様が求めているメルマガを理解するヒントになるかもしれません。

HTMLの知識を一生懸命身に着けて、きれいにデザインされたメルマガをつくるのも良いでしょうが、、それよりも大切なことは「何を、どう、伝えるか」です。貴社の「良さ」をしっかりと伝えつつ、お客様の行動を促すメルマガを、ぜひ作成してみてください。

不動産業界に特化!
KASIKAで来場率・反響率アップ
営業マーケティングツール KASIKA を使うと...
★ 来場前でも、顧客の「好み・購入意欲」がわかる ★
★ 購入意欲の高い顧客を「自動的に抽出」できる ★