来場率22%UPを達成した事例集はこちら>>

不快感を与えずに、モデルハウスに直接来場したお客様の連絡先を得る方法

あなたの会社の営業担当者は、モデルハウスに直接来場したお客様の連絡先をスムーズに教えてもらえていますか?

モデルハウスに来てくれる積極的なお客様であっても、連絡先を教えてくれるとは限りません。
人は基本的に売り込みを嫌う生き物なので、「連絡先を教えると強引なセールスを受けるのでは」と身構えてしまうためです。

お客様の連絡先を獲得することは、モデルハウスを運営する中で欠かせないポイントです。

Cocolive 手塚

この記事では、お客様に不快感を与えることなく連絡先を教えてもらうためのコツをおまとめしています。
もし、連絡先を教えてもらうことに苦戦しているようであれば、この記事を参考にしてお客様へのアプローチを変えてみてはいかがでしょうか。

ご来場ありがとうキャンペーンをフルに活用!

お客様に不快な思いをさせずに連絡先を得るには、なんといっても接客中の態度が非常に大切です。
give&take」ではなく、「give,give,give&take」の姿勢でお客様と接するように心がけましょう。

そして、さらに有効なのが「ご来場ありがとうキャンペーン」を行うことです。

具体的なステップをご紹介しましょう。

  • STEP.1
    ご来場頂いたお客様にキャンペーンを告知する
    まずは、「ご来場頂いたお客様にはアマゾンギフト券をプレゼントしています」と伝えましょう。アマゾンギフト券はあくまで一例ですが、多くの人が利用するものなので、ギフトとしては最適と考えられます。
    そして、あらかじめ印刷しておいたQRコードをお客様のスマホで読み取ってもらい、キャンペーンフォームのページを表示してもらいます。
  • STEP.2
    その場でフォームに連絡先を入力してもらう
    ページが開けたら、その場でフォームに「メールアドレス・電話番号・お名前」を入力してもらい、キャンペーンに応募してもらいます。
    この際、「アマゾンギフト券はメールでお送りしますので、メールアドレスは間違えないようにしてくださいね!」と伝えておきましょう。メールアドレスは打ち間違いが多い項目ですが、こう伝えることで注意深くなるはずです。

これで、ほとんどのお客様が嘘偽りない自分のメールーアドレスをしっかり登録してくれます。

注意
キャンペーンには、可能な限りその場で応募してもらいましょう。
「あとで登録しておきます」となっても、多くのお客様は登録を忘れてしまうか、面倒になってしまうためです。
MEMO
その場でサクッと応募してもらうためには、キャンペーンフォームのQRコードと、可能な限り項目を削った簡易的なフォームが欠かせません
お客様の情報を少しでも多く引き出したい、という気持ちはわかりますが、項目が多いと入力が面倒に思われてしまいますので、「メールアドレス・電話番号・お名前」程度に抑えておきましょう。

さらに、KASIKAを使ってキャンペーンフォームを作れば、応募後、そのスマホで閲覧した貴社サイト上での行動履歴がすべてみえるようになります。
サイト上での行動履歴が分かればお客様のニーズが掴みやすくなりますので、その後の追客が非常にスムーズに行えるようになります。

Cocolive 手塚

「ご来場ありがとうキャンペーン」を行う際は、ぜひKASIKAを併せてご活用ください!
その後の成約率がグンと向上するはずです。

最後に…

ご来場ありがとうキャンペーンと、KASIKAの活用

これで、お客様に不快な思いをさせずに連絡先を獲得しつつ、お客様の貴社サイト上での行動を追えるようにまでなりました。

Cocolive 手塚

サイト上での行動履歴がみえれば、お客様の興味や心の盛り上がりが手に取るようにわかります。
それらの情報を使い、時には電話、時にはメールで、適切な距離感を保ちながら効率的な追客を実現しましょう。

メールアドレス獲得の重要性は「メールアドレスを得るだけで、モデルハウスへ来たお客様のココロを握ることができるって本当!?」でも解説しています。
ぜひ併せてご覧ください。

メールアドレスを得るだけで、モデルハウスへ来たお客様のココロを握ることができるって本当!?