1. HOME
  2. コラム
  3. 賢い内部リンク設計が SEOに効く!今すぐ実践したいそのやり方とは

賢い内部リンク設計が SEOに効く!今すぐ実践したいそのやり方とは

SEO対策をする中で、「内部リンク」という言葉を耳にする方も多いかと思います。内部リンクとは、「外部サイトへのリンクではなく、飛び先が自サイト内となっているリンク」を指します。実はこの内部リンクも、SEO対策において重要な要素となっています。しかし、対応がされていなかったり、不十分なものが散見されているのが実状です。

本記事では、よくあるミスなどの事例からSEOにおける内部リンクの重要性とその最適な構築をご紹介します。自身のサイト運営に役立てていきましょう。

内部リンクのよく見るもったいないサイトの例

サイトの評価を行う検索エンジンの「クローラー」は、サイト内のリンクをたどりながら情報をインデックス化(評価の対象にすること)しています。クローラーがたどりやすい構造に内部リンクを構築することは、サイトの評価向上に繋がりやすく検索順位アップを見込める重要な施策です。

しかしながら、内部リンクの作りがあまく、もったいないミスをしているケースが多くあります。代表的な失敗例を挙げてみましょう。

重要なページにリンクが集まっていない

「3クリック以内に全てのページに辿りつけること」が理想とされていますが、そうなっていないサイトが多くあります。また、せっかく良いコンテンツがあっても、リンクが張り巡らされていないために辿りつけなくなっているなどの単純なミスも見受けられます。

つまり重要なページにリンクが集まっていないケースが多いのですが、これだとクローラーはどのページを評価すべきかが判断がつかない=検索順位が上がらないといった結果を招くことになり、非常にもったいないといえます。

  • 3クリック以内に
  • 重要なページに

辿り着けるようなリンク構成を心掛けましょう。

内部リンクにキーワードが含まれていない

クローラーはユーザーの動きからコンテンツの質を判断しています。

内部リンクを辿りながら記事ごとの関連性を判断し、サイトの専門性(有益性)を判断しているため、内部リンクを入れるときには対策しているキーワードを含める必要があります。

検索結果に表示させる必要のないページが大量にインデックス対象になっている

インデックス対象が多いほど良い、というのは誤解です。

サイト内の重要度の低いページにばかり誘導してしまっていたり、必要の無いページをクロールさせたりしているケースがありますが、評価を得るには無駄が多くなってしまいます。

例えば、問い合わせページなどは検索に表示させる必要はないので、「noindex(インデックス化をブロックするためにコードに挿入するタグ)」としましょう。

自身のサイトの重要なページや閲覧者に有益となるようなインデックス構成にすることが重要です。

パンくずリストがない

 

多くのサイトのページ上部にある「パンくずリスト」。トップページから今見ているページまでの導線を「>」などで見やすく示しているものを指しますが、これもSEO対策において重要な要素の一つです。

パンくずリストが重要な理由は、大きく2点あります。

まずクローラーの巡回を助けるというサイト巡回上の利点です。

そして、キーワードの階層を示すことができることやキーワードの関連性やロジックを示すことができることが挙げられます。

住宅系のサイトにおける良い例と悪い例は下記のイメージです。

<キーワードの構成が良いパターンと悪いパターン>
良い例:マイホーム > 注文住宅 > 長屋の家 > 和洋モダン
悪い例:注文住宅 > 建売分譲 > 中古マンション(カテゴリーの分類が分かりにくい)

弊社ブログのパンくずリスト

サイトマップがない

サイトマップとは、その名のとおりサイトにどんなコンテンツがあるのか、一目で見やすくリストにまとめたページのことです。このサイトマップの用意も、クローラーの巡回やユーザーの利便性の観点から重要です。特に規模が大きいサイトでは上述の観点で必須といっても過言ではありません。

サイト内の全ページの内部リンクが設定されるので、クローラーに向けてどんなページがあるかを示すことができ、巡回効率の向上も期待できます。また、ユーザーが目的のコンテンツにすぐにたどり着くことにも役立つので、作成しない手はないでしょう。

まとめ

内部リンクが、上述のとおり様々な用途や利便性があり、SEO対策において重要な要素であることをお分かりいただけたでしょうか。ご説明したポイントを押さえ、最適な内部リンクの構築を心がけて、SEOに役立てていきましょう。

不動産業界に特化!
KASIKAで来場率・反響率アップ
営業マーケティングツール KASIKA を使うと...
★ 来場前でも、顧客の「好み・購入意欲」がわかる ★
★ 購入意欲の高い顧客を「自動的に抽出」できる ★