1. HOME
  2. コラム
  3. 工務店・ハウスメーカーが実践すべきコンテンツマーケティングとは

工務店・ハウスメーカーが実践すべきコンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティング

現在、マーケティングにおける環境は昔とは大きく変わってきています。

企業はインターネットを通して、多くの情報を提供することができるようになったため、ユーザーはスマホなどを通して手軽に多くの情報を収集できるようになりました。

情報過多になりがちな環境の中で、「ユーザーといかに良い関係を作り上げていくか」は重要な課題となっています。

そこで今、注目されているのが「コンテンツマーケティング」です。

ここでは、コンテンツマーケティングにおいて必要不可欠な知識と、工務店やハウスメーカーがコンテンツマーケティングに取り組む必要性をご紹介していきます。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、自社のお客様・見込み客に対して良質なコンテンツ(記事)を提供し続けることによって、興味・関心を高め、お客様と良好な関係性を構築、自社の売り上げに結びつけるマーケティングの手法です。
ここで言う「コンテンツ」とは、お客様にとって「価値ある情報」の集合体を指します。

例えば、工務店・ハウスメーカーで言えば、以下のようなイメージになります。

  • 工務店とハウスメーカの違いは何?メリット・デメリットを徹底比較
  • 工務店を選ぶときに重要な5つのポイントとは?

弊社では、今お読みいただいているこの記事はコンテンツになっております。

お役立ちコンテンツを持続的に提供することで、お客様は提供元のハウスメーカーや工務店に対して興味・関心をも持ってくれるようになります。情報が有益であればあるほど、良い関係づくりができるのです。

このようなコンテンツは、ブログ記事やメールマガジン、SNSのような情報発信ができる媒体を通して、提供していくのが良いでしょう。

では、なぜ工務店がコンテンツマーケティングに取り組まなければいけないのでしょうか?

工務店がコンテンツマーケティングに取り組むべき理由

コンテンツマーケティング

お客様は大きく以下の2つに分けられます。

  • すぐに住宅を建てたいと考えている少数の「顕在顧客」
  • 興味はあるが、今すぐの購入は検討していない「潜在顧客」

すぐに住宅の購入を検討している、家を建てたい、といったお客様は、複数の企業の中から、価格やネームバリューを比較してどの工務店を選択するか検討します。

このような「顕在顧客」を狙っているのは基本的に大企業なのです。認知度やブランド力、価格優位性で不利になりがちな中小企業は「顕在顧客」をターゲットにすることが難しくなってしまいます。

そこで目を向けるべきなのが、いつかは家が欲しいと思っている「潜在顧客」、つまり直近の見込み度は低いけれども将来的には顕在顧客となりうるお客様なのです。

90%は自社の潜在顧客

コンテンツマーケティング

潜在顧客は「マイホームに興味がある」もしくは「マイホームに興味はあるが、今すぐではない」状態にあります。

そんなお客様に対して、マイホームに関する良質なコンテンツを提供し、良い関係を築いていくことで、そのお客様がいざ家を建てようと思ったときに、一番最初に思い浮かぶ工務店になれるのです。

工務店へ資料請求をする前、インターネットでなんとなく情報を収集しているお客様には、このような潜在顧客が非常に多いのです。だからこそ、工務店はコンテンツマーケティングにしっかりと力を入れていくべきです!

実際にコンテンツマーケティングで潜在顧客をターゲットにすることで、売り上げを伸ばしている企業は多数あります。

潜在顧客との良好な関係作りが、顧客育成にもつながります。ぜひ、未来の「今すぐ顧客」獲得のために、コンテンツマーケティングのノウハウを取り入れ、潜在顧客のニーズに答える良質なコンテンツを作成していきましょう!

不動産業界に特化!
KASIKAで来場率・反響率アップ
営業マーケティングツール KASIKA を使うと...
★ 来場前でも、顧客の「好み・購入意欲」がわかる ★
★ 購入意欲の高い顧客を「自動的に抽出」できる ★