当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

blog

ブログ

過去の顧客を掘り起こす!ITに苦手意識があっても使えるようになる『KASIKA』の魅力│ トーセイ株式会社様

インタビューさせていただいた会社様

会社名:トーセイ株式会社様
業種: 戸建て分譲
主要エリア:東京都

抱えていた課題

  1. 過去にお問い合わせのあったお客様への対応が不十分だったこと
  2. 顧客育成が上手くできていなかったこと
  3. アポイント獲得→成約というように次のステップになかなか進めていなかったこと

今回は、「あらゆる不動産シーンにおいて新たな価値と感動を創造する」という企業理念を掲げ、不動産賃貸業やホテル事業などを含む6事業によるポートフォリオ経営を行い、東京を中心に活躍されているトーセイ株式会社様にインタビューをさせていただきました。

10年後20年後の未来を見据えた不動産の開発や中古不動産の再生を行うことで社会に貢献し、持続的な成長と企業価値向上を目指している同社に、どのように『KASIKA』を活用しているのか、『KASIKA』を導入してから得た成果などについて詳しくお話していただきました。

ー御社の営業課題を教えてください。

弊社が抱えていた営業課題としては、過去に反響をいただいていたお客様の数が多く、それぞれのお客様にきちんと連絡を取れていなかったことです。

継続的に連絡が取れておらず顧客育成が上手くできていなかったので、次のステップにつながる回数が少なかったことが弊社としての大きな課題でした。

ー『KASIKA』はどうやって知りましたか?

『KASIKA』を知ったのは、上席の者から「こういうMAツールがあるんだけど、どうかな」と話があったことがきっかけでした。

会社の中でも特に裁量の大きい立場の人間が『KASIKA』に関心を持っていたことが導入に至った経緯になります。

ーどのように『KASIKA』を活用していますか?

現在は複数のメールを自動で配信してくれる「シナリオメール」などの機能を活用して、過去に反響をいただいていたお客様の対応をしています。

もちろん新しくお問い合わせをしていただいたお客様への対応も行っているのですが、メインで使っているのは過去にお問い合わせのあったお客様です。

反響をいただいたお客様への対応が不十分だったことが弊社の課題だったので、その層をしっかりと掘り起こすために『KASIKA』を通してメールを送ったり、お客様の行動を確認したりしています。

ー『KASIKA』を導入してどんな成果がありましたか?

『KASIKA』を導入して利用するようになってから、頻繁にメールを送信するようになりました。

操作が分かりやすいので、つまずくことなく順調に業務を行えています。

このようにたくさんのメールを送るようになったことにより、以前よりもアポイント獲得につながる機会が多くなりました。

現在は20件ほどメールを送信すれば1件のアポイントが獲得できているような状況で、過去にお問い合わせのあったお客様からの反響もしっかりと取れています。

以前よりもかなりアポイントが取れるようになってきているので、これからは如何にしてこのお客様を成約に繋げるかという部分にこだわりながら尽力していきたいと考えています。

また、『KASIKA』は顧客管理の面でも非常に役立っていると感じています。

『KASIKA』には意欲の高いお客様やホームページを見ているお客様に色が付く機能が備わっているので、それを見れば次のアプローチをかけるタイミングを見定める目安になります。

「ちゃんと見てくれているな」と視覚的に確認ができるので、良いタイミングで追客ができるようになりました。

ー『KASIKA』で特に「これいいな」と思う機能があれば教えてください。

『KASIKA』で特に気に入っている機能は、作成できるメールの見た目が良いこと、また、作成、配信などの操作面が非常に簡単で使いやすいことです。

『KASIKA』を導入するまではメール内にリンクを貼ったりする機能をあまり使っていませんでした。

一方で『KASIKA』を導入してからは、機能の使い方が非常に分かりやすいので、細かい設定含め、今までできていなかったことをきちんと行うようになりました。これは非常にポジティブな変化だなと感じています。

実は、『KASIKA』を本格的に使い始める前は上手く使いこなせるか不安だったのですが、もともと非常に使いやすいツールであることに加えて、サクセス担当の方が定期的に講習を開いて丁寧に教えてくれているので、分からないことがほとんどありません。

今のところ『KASIKA』を使っていて不満に思ったこともありませんし、困ったことも特にないので、機能面やサポート面を含めて非常に素晴らしいツールだなという印象を受けています。

実際に、弊社では毎日『KASIKA』をチェックして、お客様の動きを確認したり、メールを送信したりと、さまざまな場面で活用しています。本当に導入して良かったなと感じています。

ーどんな不動産会社様に『KASIKA』をおすすめできますか?

過去にお問い合わせのあったお客様に対してきちんとアプローチできていない会社や、顧客の掘り起こしができていない会社には『KASIKA』をおすすめしたいです。

どこの不動産会社でも過去にお問い合わせのあったお客様は一定数いると思いますし、その層に対してどうアプローチして上手く関係性を築いていくかという部分で困っている会社も多いと思います。

過去に反響があったお客様を放置していると大きな機会損失になるので、幅広い層を掘り起こしていくための施策や仕組、システムが上手く機能していない会社は、『KASIKA』を導入して活性化を図るのが効果的だと思います。

『KASIKA』にはメールを自動で一括送信できる機能や、顧客情報を手間ひまかけず管理できる機能が備わっているので、それらの機能を使えばより広範囲の顧客層に対して効率的且つ効果的なアプローチができるようになると思います。

―最後に、サポート体制についていかがですか?

『KASIKA』のサポート体制は、非常に良いと思います。

本当に毎週のように講習をやっていただけるので、それをきちんと聞いていればどんなにITに苦手意識がある人でも難なく使えるようになると思います。

講習会が行われるたびにたくさんの情報量を提供してくれるので、毎回新たな発見がありますし、『KASIKA』の機能を活用する幅が広がります。

また、機能が多いにも関わらず様々なレベルの人が理解できるように工夫を凝らして話してくれるので、何を話しているのか理解できないことはありません。

MAツールに関して詳しくなくても安心して使えるようになるくらい充実したサポートを提供しているのは、『KASIKA』の魅力的な部分の1つだと感じています。

―ありがとうございました。

 

『KASIKA』でできるようになったこと
  1. 幅広い層に対して自動でメールを送れるようになった
  2. 過去にお問い合わせのあったお客様の掘り起こしができるようになった
  3. 顧客管理機能のおかげでタイミングよく追客ができるようになった

私がサクセス担当です

KASIKA カスタマーサクセス

山下 莉菜

IT系ベンチャー企業にて営業、婚礼サービス会社にて広報、交通系広告代理店にて広告媒体やシステム管理の経験を経て、Cocolive株式会社に入社。様々な業界・職種での経験を生かして、現場と責任者、双方の立場や思考を考慮し、クライアント様にあわせた運用サポートを心がけている。
売買仲介業者様、分譲マンション販売会社様をメインに担当。
デジタルマーケティングの知識を生かし、長期的な視点で課題解決に向けたご提案を行っている。

KASIKA 導入事例

こちらの記事も見られています

ebook一覧

入力30秒
カンタン送信

製品資料ダウンロード

会社名

名前

メールアドレス

電話番号

  • ebookを見る